カウンセラーの現場から(メルマガ)

登録フォーム

下のフォームにメールアドレスをご入力ください。

メールアドレス

※登録料はかかりません。
※アドレスは間違えのないように入力してください。

最新号

紫陽花の季メルマガ ✿✿ コロナうつの現場にて ✿✿

*2020年が、まさかこのような事態になるとは、誰も思っていなかったでしょう。
年初めからの新型コロナウイルスの感染拡大で、半年が終わろうとしています。
2003年に産業カウンセラーとして開業して17年、毎日カウンセリングの現場にいて
7万人の臨床を経た私でも、コロナうつは今までのうつとは違う、と実感しています。

*コロナうつとは、新型コロナウイルスの影響でメンタル不調になってしまう状態のこと
で、メンタル不調から“適応障害”“うつ病”を含む広義として使用されています。
では、今までのうつと、何が違うのか。
今までのうつの症状に加えて、不安と恐怖がとても強く発症しています。
先が見えない不安や、自分も感染するかもしれないという恐怖を、誰もが持っているから
だと思います。
仕事のやり方が変化して、家庭での過ごし方も変わり、国が『新しい生活様式』を公表
する今、私達のこころにも変化が見られます。
「いつもと違うな」「今までと何か違う」という状態の渦中にいるのですから、
ストレスを感じたり、イライラしたり、「なんか、けだるい」や無力感を感じるのは当然
で、自然なことなのです。

◆赤坂クリニック院長の坂元薫先生の教示 6/13日本テレビ「世界一受けたい授業」
◇コロナうつ10のチェックリスト
1,憂うつ、不安になることが多い    2,何に対しても興味が持てない、楽しめない
3,食欲がない/食べ過ぎる       4,眠れない/眠り過ぎる
5,何もする気力がわかない       6,考えがまとまらない、集中できない
7,疲れやすく、だるさが取れない    8,自分を責めてばかりいる
9,3密に対して、過敏になり過ぎる  10,コロナニュースを見ると落ち着かない

この10項目のうち3項目以上に当てはまればコロナうつの可能性があります。
但し、各項目が数日程度であれば、深刻になる必要はありません。

◇コロナうつに打ち勝つ6つの方法
1,情報を制限する
 四六時中コロナのニュースをチェックしてしまう人は要注意です。
 いたずらに不安材料を増やすことになります。
 1日に情報収集をする時間を決めて、入ってくる情報を意識的に絞るとことが必要です。
2,リアルタイムのコミュニケーションは積極的にしていく
 会話を増やしましょう。ひとり暮らしのお年寄りは孤立してしまうケースもあるので、
 家族が頻繁に電話をかけてあげましょう。
3,受け入れる能力(ネガティブ・ケイパビリティ―)が大事
 ネガティブ・ケイパビリティ―とは、直ぐには答えの出ない、どうしようもない事態に
 耐えて受け入れる能力のことです。
 規制は緩和されてきたが、どこまで生活を律すればいいの?に明確な答えはありません。
 そこで、自分ができる最善のコロナ対策をしたら、後はもう運を天に任せる!その位の
 気持ちでいる方が予防になるのです。
4,思い出の写真を見る
 精神域に不安定な時は、楽しかった思い出の写真を見ると、リラックス状態を表すα
 が増えて、脳がリフレッシュすることも確認されています。
 この方法はライフレビューとも呼ばれ、実際の治療でも使われています。
5,感謝の気持ちを持つ
 こんな実験があります。参加者を2グループに分け、一方には1週間を振り返って感謝
 できる出来事を数えてもらい、もう一方には不満と感じる出来事を数えてもらいました。
 すると10週間後、感謝を数えたグループは、不満を数えたグループより幸福度に25%
 も差がついたのです。
 どんな状況下でも、感謝の気持ちを持っている人は精神が安定しやすくなります。
6,映画鑑賞
 映画鑑賞のような自分が好きな、何か没頭できることをすると、頭の切り替えにとても
 効果的です。ストレス発散方法がない人はこの時だからこそ、没頭できることや楽しめ
 ることを見つけましょう。

◇子供は不安を表現することが未熟なので、いつもより沢山ほめてあげて下さい。

*こころの元気を保つためには、何と言っても3つの基本が大切です。
Ⅰ,睡眠…脳を休ませること。質と量共に良好な睡眠を。
     寝る2時間前には、スマホやPCのブルーライトはOFFにしましょう。
     睡眠の質を下げるアルコールやたばこは控えましょう。
Ⅱ,食事…脳に栄養を入れること。脳の栄養はブドウ糖(炭水化物=米・穀類)なので
     3食摂取を。朝食は抜かないように。
Ⅲ,運動…血行を良くすることは、気分転換や快適な睡眠につながります。
     ストレッチやウォーキング等を、続けましょう。

*新型コロナに感染した人は、すっきり良くなる人の方が多いのですが、高山先生の病院
 では約2割の方は、何らかの症状が数週間続くとのことです。
 治って退院しても、・長引く体調不良がある・なぜか感じる後ろめたさがある、という
 ことが解ってきました。

◆沖縄県立中部病院感染症内科の高山義浩先生の教示 6/24NHK「クローズアップ現代」
◇長引く体調不良の原因
1,臓器障害(肺の損傷)…肺の回復のプロセスが遅れている可能性がある
2,長い入院による体力低下…感染が心配でリハビリ病院への転院ができていない
3,心理的・社会的ストレス…退院しても不安や恐怖があり、うつ状態のまま長引く
4,ウイルスの持続感染?…ウイルスが臓器のどこかに潜伏しているのではないか?

◇感染症対策には、決定打というのは無い。自分が出来ることを地道にやって、リスクを
 減らしていくしかありません。・症状のある人は仕事を休む・手をきちんと洗う・マスク
 をつける・皆が触れる所を消毒する、を続けていくことです。

◇発生したら、皆で助けてあげる。
“お互い様”で助け合う感覚が必要だと思います。

◆大阪大学大学院教授(社会心理学)の三浦麻子先生の教示 (6/24同上)
◇今年3~4月に5ヶ国で新型コロナに関する意識調査をした。
『新型コロナウイルスに感染する人は自業自得だと思う』の問いに、非常に大きな違いが
あった。
『そう思う』という人の割合が、・日本人=11,5%・アメリカ=1,0%・イギリス=1,49%
・イタリア=2,51%・中国=4,83%
感染を自己責任だと感じている人が多い日本。
こういう風潮がより日本に強くあるならば、「なぜか、後ろめたく感じてしまう」へつな
がると思います。
逆に9割の人は、『感染したのはその人の責任ではない』と思っているのです。
感染を経験した方々に、「あなたのせいではない」という温かい声かけが必要だと思います。

*1月に新型コロナウイルスという言葉を知ってから、先ず私は「感染症って何なの?」
から始動しました。人は知らないことに対して不安が強くなるからです。
過去の感染症の歴史を学び先人達がどう生き抜き、感染症が社会の変革をもたらした歴史
を知りました。そして当時は夜に発表していた県内の感染者の詳細をメモして、厚生労働
省発表や専門家会議が発表する内容をテレビや新聞で確認してきました。
その情報を取りまとめて、全顧問先様へ資料添付でPC送信をする日々が続きました。

2月末には県外の顧問先様へ、訪問面談でのカウンセリングをオンラインでのカウンセリ
ングへ移行したい旨の申し出を行い、3月には顧問先様社内での態勢作りをして頂き、
4月~県外顧問先様の定期カウンセリングは、全てオンラインへ移行となりました。
更に、国が5/13~初診患者へのオンライン診療が公的医療保険の対象となり本格的に始ま
ったことを受けて、6月~私の日曜外来のカウンセリングもオンラインで実施しています。

ピンチはチャンスです。
ありがたいことに、新規の顧問先様との契約を頂いたり、県外をオンラインで出来るなら、
と本社だけで実施してきた定期カウンセリングを全営業所で実施する決済も頂きました。
さあ、これから!と、今私は大きな動きを展開している真っ最中です。

コロナ禍の非常事態で半年が過ぎ、ここからがメンタルケアが重要な時期となります。
泣いている人を、決して独りぼっちにはさせない!を胸に、今日もこれから現場です。
梅雨の合間に見える清々しい優しい青い空と、健気に咲く紫陽花に勇気をもらいながら。

                            藤井純子OFFICE 代表
                            産業カウンセラー 藤井純子

バックナンバー

新着情報

2018.1.21
藤井純子オフィスでは今年2018年4月から、
働く人の発達障害デイケア ➡ 「大人になろう!プロジェクト」を開始します。
働きづらさ、生活しづらさ、会話しづらさ等を感じている自分に困っている人への
トレーニングをスタートします。

また、周りで対応に困っている上司や家族からの相談にも応じます。
更に、子供の発達障害で心配されている親御さん達の相談も受付します。

1月末に詳細をHPに発表します。 是非、ご覧ください。
2018.1.1
藤井純子オフィス方針と2018事業について
◇ 社是 「命に寄り添い、支え、命を守る」
◇ 社訓 「良識のあるエレガントな強者」

* ストレスチェック結果から職場環境の改善が出来るこころのプロ集団
* 働く人の発達障害デイケア ➡『大人になろう!プロジェクト』 4月開始
2017.5.9
今年も開講します!藤井ゼミ。
「4日間で顧問になれる!プロの産業カウンセラーとなるために
産業カウンセラー実践講座 藤井ゼミ 2017年講座」
標題も新たに、更に充実した内容になりました。

産業カウンセラーとして開業以来15年、国内最多45,000人の臨床経験を持ち、
ストレスチェックは10万人の実績があり、多くの顧問先を有する代表の藤井が直接指導します。
皆様の受講をお待ちしています。
詳細はこちらから
2015.11.6
宇都宮商工会議所会報「天地人」11月号に
代表取材記事が掲載されました。
ストレスチェック制度について、とても分かりやすく
概要がつかめるようになっておりますので是非ご覧ください。
天地人11月号 特集2 ストレスチェック制度
2015.5.7
厚生労働省は、労働安全衛生法に基づくストレスチェック制度実施マニュアルと
ストレスチェック制度Q&Aを公表しました。
『労働安全衛生法に基づくストレスチェック制度実施マニュアル』 『ストレスチェック制度関係 Q&A』
2015.4.22
厚生労働省は、改正労働安全衛生法に基づくストレスチェック制度に関する
説明会資料を公表しました。
『改正労働安全衛生法に基づくストレスチェック制度について』
2015.4.15
厚生労働省は、改正労働安全衛生法に基づく「ストレスチェック制度」の
具体的な運用方法を定めた省令、告示、指針を公表しました。
『ストレスチェック制度に関する省令』平成27年4月15日公表
『ストレスチェックの実施者に関し厚生労働大臣が定める
研修に関する告示』平成27年4月15日公表
『心理的な負担の程度を把握するための検査及び面接指導の実施並びに
面接指導結果に基づき事業者が講ずべき措置に関する指針』平成27年4月15日公表
2015.3.8
「4日間で顧問になれる!産業カウンセラー実践講座 藤井ゼミ」2015年講座の詳細が
決定しました。今年は、春季と秋季の組み合せで受講できます。
カリキュラムも・改正法の概要と留意点・ストレスチェック制度の説明を新設しました。
皆様の受講をお待ちしています。       →詳細はこちらから
2014.12.17
 厚生労働省は改正労働安全衛生法に基づくストレスチェック制度に関する検討会の
 報告書をとりまとめ公表しました。
 『ストレスチェック制度に関する検討会報告書の概要』平成26年12月17日公表
 『ストレスチェック制度に関する検討会報告書』平成26年12月17日公表
2014.10.1
 改正労働安全衛生法の施行期日を定める政令325号が制定され、
 ストレスチェック制度の施行期日が平成27年12月1日に制定されました。
                                 →詳細はこちらから
2014.9.26
 厚生労働省はストレスチェック項目等に関する専門検討会の中間とりまとめを公表しました。
                                 →詳細はこちらから
2014.9.1
 改正労働安全衛生法のQ&A集が、厚生労働省労働基準局安全衛生部から発表されました。
                                 →詳細はこちらから
2014.6.25
 労働安全衛生法の一部改正が公布されました。
 ストレスチェック制度が創設され、労働者の心理的な負担の程度を把握するために
 従業員50名以上の事業場にストレスチェックの実施が義務付けられます。
2014.5.10
 宇都宮商工会議所会報「天地人」に、藤井代表が専門相談員として行う
 今年度のメンタルヘルス相談支援事業が掲載されました。
                               →詳細はこちらから
  •      
  • 2014.4.10
     藤井ゼミ!今年も開講します。2014年講座の詳細が決定しました。
     →詳細はこちらから
    2014.3.13
     3月13日、厚生労働省は「労働安全衛生法の一部を改正する法律案」を国会に提出しました。
     →詳細はこちらから
    2014.1.23
     厚生労働省は1/23、労働者へのストレスチェックを事業者に義務付けると発表しました。
     労働安全衛生法の改正案を通常国会に提出し、2016年春頃の施行を目指すとのことです。
                                   →詳細はこちらから
      
    2013.12.23
     小規模事業場のメンタルヘルス対策(従業員50名以下)を開始しました。
     →詳細はこちらから
      
    2013.8.23
    8月のメルマガは、皆さんからの問合せが多い「大人の発達障害に
    どう対応したらいいのか」です。バックナンバーをご覧下さい。→詳細はこちらから
    2013.6. 1
    業務拡充として6月より、新規3事業を開始しました。
    1,障害者雇用のコンサルティング業務 →詳細はこちらから
    2,がん就労者の支援業務       →詳細はこちらから
    3,健康管理スタッフの支援業務    →詳細はこちらから
    2013.4.15
    宇都宮商工会議所 4/10発行の会報「天地人」に
    藤井代表が掲載されました。
    2013.3.6
    宇都宮商工会議所の平成25年度新規事業としてメンタルヘルス
    相談支援事業が承認され、藤井代表が専門相談員として4月~
    着任することになりました。
    会員企業6,578社のメンタルヘルス対策を推進していきます。
    2013.3. 1
    新年度の産業カウンセラー実践講座 藤井ゼミ 2013年講座の
    日程が決定しました。詳細はこちらから→
    2013.2.28
    今年に入り2ケ月が経過したところですが、新規顧問先として
    既に4社から契約をいただきました。

    メールマガジン

    メンタルヘルスNews・関連情報